確立されつつあるプチプラ・ファッション

2013年12月、和食がユネスコ無形文化遺産に登録されました。日本は南北に細長い島国で、四季があるという気候を特徴としています。和食はこのような特徴を持った日本に古くから根づいている食文化で、豊かな自然や、日本人らしい丁寧な手仕事が存分に活かされています。栄養バランスに優れており、日本行事とも密接に関係していることも和食ならではのものだということができます。わさびや寿司などは以前から諸外国で高い人気を得ていましたが和食がユネスコ無形文化遺産に登録されたことにより出汁を利用した繊細な味付けや時間をかけた下ごしらえ、美しい飾りつけなどにも注目が集まっています。

和食は洋食や中華を並ぶ食生活のジャンルの1つです。ジャンルというのはその領域における区分の1つで、たとえば美術は絵画や彫刻、建築などにジャンル分けされます。絵画はさらに風景画や人物が静物画などのジャンルに分けられます。ファッションもフォーマルファッションやカジュアルファッション、ガーリーファッション、ボーイッシュファッション、コンサバファッション、ゴスロリファッションなどに分けることができます。そして最近ファッションのジャンルの1つとして確立されつつあるのがプチプラ・ファッションです。

安くてもおしゃれ、がプチプラの基本

プチプラは「プチ・プライス」を略した言葉で、そのまま略すると安価、という意味になります。 このことから安いもの、お手軽・お手頃価格のもの、を指して使うようになりました。 しかしただ安いだけでは、そのものはプチプラと呼ばれることはありません。 値段を大幅に超える価値があるものだけが、プチプラと認定されます。値段相応の「安かろう悪かろう」の品物は、プチプラではなくただの安物です。

プチプラは安いけれども可愛いもの、安いけれどもステキなもの、安いけれどもオシャレなもの、 あるいは安いけれども効果があるものといった意味で最近は用いられるようになっています。 プチプラ・ファッションとすると、値段を気にせずに誰でもが真似することができる洋服や小物、 アクセサリーを使ったファッションという意味になります。

工夫をすれば安く買えるというお得プライスも

プチプラの概念は理解して頂けましたでしょうか。 プチプラの商品を探すのは、品質が良くて安いものを探すことになります。そうなると、知る人ぞしるメーカー、ブランドを探す事が 必要になります。例えば、ジュエリー。ティファニーのダイヤモンドと、一般的なメーカーのダイヤモンドには差があるのでしょうか。 ダイヤには4Cという基準があり、その数値が高いブランドを見つければティファニーよりも良いダイヤのジュエリーを見つける事だってできます。 若い女性にダイヤの品質で人気なブランドはroom403。とても品質が良いダイヤモンドを利用しています。 まだまだ若いブランドですが、若いブランドだからこそ老舗の価格帯ではないので、プチプラで購入できるという利点があります。 デザインの悪さはアクセサリーや雑貨でごまかすのページにも書きましたが。 アクセサリーが豪華に見えるだけで、ファッション全体の雰囲気が変わってきます。一点豪華主義という言葉もありますが、やはり 品質の良いものに目が行くと自然と全体が美しく見えるのでしょう。

安い服と言えばファストファッション

安い服を買うことができる場所と言えば、ファストファッションのお店を第一にあげることができます。ファストファッションというのは、サイクルの非常に短いファッションです。次々と新しいデザインの洋服が店頭に並び、目まぐるしいスピードで商品が回転します。次に行ったときには同じ洋服は売られていないことが多く、そのため気に入ったものがあればすぐに購入することが必要です。FOREVER21やH&M、ZARA、GUなどがファストファッションの代表とされています。

GUは2006年3月にユニクロが100%出資して設立された、株式会社ジーユーによるブランドです。ユニクロもその価格の安さからファストファッションとされることがありますが、厳密にいえばユニクロはファストファッションではありません。ユニクロはベーシックで、比較的シンプルなデザインのものを商品として取り扱っています。商品入れ替えのサイクルのファストファッショにより長いものとなっています。機能的に優れたものを低価格で販売しているのがユニクロで、流行の最先端のファッションを提供しているわけではありません。この意味でユニクロは他のファストファッションを提供しているお店とは一線を画しています。

安い服でも活かせば大人の装いに

安い服を使ったプチプラ・ファッションは使うことができるお金が限られている中学生や高校生にぴったりのファッションです。アイテムひとつひとつが安いプチプラ・ファッションであれば、親などからもらう限られたお小遣いでも好きな格好をして楽しむことができます。上手に組み合わせることで、お金をかけなくてもトレンドの装いをすることができます。コーディネイト次第ではプチプラとは言えないようなファッションにもなります。

安くておしゃれなプチプラ・ファッションは、最近ではティーンズだけのものではなくなっています。主婦、あるいは社会人の休日ファッションとして、幅広い女性が取り入れています。しかし大人の女性がティーンズと同じようなファッションをすることはあまり好ましくありません。プチプラのものを上手に使い、大人の装いとすることが必要です。

プチプラ・ファッションに用いられる安い服を上手に着こなすには、ちょっとしたコツが必要です。良いものを見極める、高い服と合わせるなどといった知恵とテクニックを身に着け、安い服を活かしたファッションを楽しみましょう。

Copyright © 安い洋服や靴やアクセサリーを高く見せるには?. All rights reserved.